夢待ち人

夢は観るもの・愛は育てるもの・心は許すもの・明日は信じるもの

時には心に撓みと音楽を♪
   ・・・人生に梦があるのではなく、梦が人生を作るんだよね・・・


作詞作曲・歌 竹葉美保子 監修・夢待ち人

 『古に恋ふらむ鳥はほととぎす けだしや鳴きしわが念へるごと』

たくさん有った遊び場も無くなってしまったが、最後に残ったFACEBOOKもいつまで70の爺さんを遊ばせてくれる事であろうか、趣味で創った動画もいつか消されるのも時間の問題だと想像する。最近はこんな変な爺様は居ない方が良いのだろうと思える様になった。誰にも迷惑かけた覚えもないが、梦を持ちすぎて器用過ぎるのも現実離れしてる様に見えるのであろう。変人は嫌われるのが世の常、致し方無かろう。されど息してる間は夢を忘れず人が喜ぶ事に専念し続けるのもまた、夢待ち人である。とりあえず大きな客船にでも乗って世界を巡ってみたい。
1680x1050-WDF_535681

笑ったりすねたり怒ったり表情のひとつひとつが、いつも私を幸せにしてくれた。そんな子供達は私には掛け替えのない宝である。私の大切なモノはすべて遠くなってしまったが、人生を仕事ばかりに現を抜かしてきた私が悪かったのだろうと、日々自分自身に言い聞かせ時が忘れさせてくれるように残り少ない毎日を祈っている。私は決して忘れないあの笑顔あの表情あの優しさ。それは私にとって『ありがとう』のすべてだ。
2013-06-28 001 2013-06-28 001DSC_0092

最近気がついたが、小生が住むにはこの世間は小さ過ぎる、ただ水の濁りが濃いほど美しい花を咲かせる蓮に倣って生きるとしよう。
115278073-748x499

金銭に捉われ親の人生を蔑ろにし先祖に素直に感謝すら出来ない知人が、私は不憫でならない。子の愚かな生き様は親にその責任があるのであろう、親御さんも自分を責めて自暴自棄になってしまった、私は大切な知人の為に祈りたい。どうぞ立派な人になって下さい。そして多くの人を幸せに導いてやって欲しい。親御さんも私も両手を合わせすべてを許し大切な知人を信じています。何故なら知人は親御さんにとっては大切な夢なのです
illust4020thumb

小生「先生!たくさんお薬頂いていますが、癌になれる薬、ありますか?」
先生「えっ!あはっ 面白い事を言われる、そんな事を言う人は初めてだ。」「面白いから笑いたいが、笑えんわい」
小生「先生、夢や気力って体のどこにあるんですか?」
先生「さぁ~それが解ればノーベル賞ものだよ、それは長く生きてる貴方の方が知ってるじゃないですか?」
小生「そうですか、若い時は体中が夢や気力で一杯でした、でも歳のせいかだんだん消えて今は何処にあったのかも思いだせないんですよ」

言行相反・羊頭狗肉を嫌い如何なる時も言ってる事とやってる事を重ねられる生き方をしてきたつもりだが、70になり一つ重ねる事が難しくなった。来る者は拒まず去る者は追わずで生涯通すつもりでいたのだが、今は来るもの好まず去る者は追わずの心境である。すべてを失い人の弱さを目の当たりのし今は誰も傷つけたくもなく、誰にも解ってもらいたいとも思わない。諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅為楽 色は匂へど 散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならむ 有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず 
flowers-2757439_1280-768x491
 

今まで大切だったものを、断捨離する時期が来た様だ、引退して5年になろうとしているが、苦労して頑張ってきた現役時代より引退してからの方が私には辛く悲しい事が多かった。もともと引退とはそんなものなのかも知れない。仕事も会社も収入も家も家族も趣味もすべて私から遠ざかり、志で生きて来た人生が忽然と消えて生きる気力すら感じ無くなった。それでも今は精神的にも開き直りようやく私らしさと礼節と尊厳を取り戻しつつある。あと何年生きていられるかは解らないが、ぼちぼち終活に入ろうと思っている。今、この辛かった数年を振り返り頭を過る言葉は『息子よ、人として成長し思いやりのある強く立派な大人になっておくれ!未来は、すべてお前のものだよ』お前が生まれた時の嬉しさを思い出し想い出し私はすべてを忘れます、今までありがとう・・yumemachi
pexels-photo-126590_VW23Ttt

ペン先時計が半年以上かかって修理から戻って来た。もう今はお店は私の手を離れてしまったので所謂お里帰りと言っても宜しかろう。これからは私の残り人生を共に思い出を振り返りながらまた夢でも観れたらと願っている。お帰りなさい、お疲れ様でした、君が初めて来た頃の風景とはずいぶん様子も変わってしまったけど、今でも君は大切な私の宝物。ペン先君!寂しかったよ。
DSC01866

散々苦労して0から大きくしても、当たり前のように、お世話になった人を簡単に捨て去る。それが恥ずかしいとも思わず気にもせず私を弄んだ非礼な連中のおかげで私には何も無くなった。恨まず憎まず愚痴らず私は受け入れましょう。昨日も今日もそしてたぶんこれからも・・そんな私はそんな人たちが気の毒でならない。非礼や無礼を許しこれからも尊厳と礼節を大切に思いやりのある自分でありたい。でも今の世の中、目の前の金や欲や見栄ばかり観るお恥ずかしい方ばかりなのが嘆かわしい。

行動なき愛は、観念である。
愛の実践は、相手に対してどれだけ自己犠牲的努力ができるかどうかである。(芳村思風)

Colorful-Abstract-HD-20

毎夜、夢で苦しみ酷い時は一夜に3,4回夢にうなされ寝ながらもがいてベッドから落ちる。正直寝るのが嫌になった。夢は楽しい夢が見たい、毎度支離滅裂な夢ばかりで共通するはすべて仕事がらみ。朝日を見るとホッとする。昔、夢待ち人、今、夢苦しみ人。
KAZ88_syoumetutoshi_TP_V

いくら考えてもいくら悩んでもどうして何故と疑問だけが、毎日私を苦しめ私を奈落の底に引きずり込んで行く。今の私はもう生きてはいないのと同じだが、日々悪夢にうなされて頑張ってきた人生が音を立てて壊れてしまった。恨んでもいいはずなのに、現実は自身を被虐的な世界に自ら引き込み、もがいてもそんな気持ちから今も抜け出せないで疲れが老いを追いかけてくる。私さえ居なければと意味なき愚かな解釈ではっと我に還る。誰より強いはずなのに・・誰より人が好きだったはずなのに・・
Amazing-Wallpapers1025

私の中で大切なモノは大切でなくなり、好きだったモノは好きでなくなり、愛していたモノは愛する事も出来なくなってしまった。きっと私の中で何かが壊れてしまったのであろう。今は誰にも会わず何処にも行かず何も期待しない感動も喜びも夢も感じなくなり無機質感が私をすっぽり覆っているような気がする。強いはずの私が弱くなり探求心と優しさや思いやりだけが私の中で空回りしている。どうして何故?と問いかけてもう4年が過ぎてしまった。今はこれでいいのかも知れないと思えるようにもなって、異質な自分を慰めている。今は毎日がまるで止まってしまったようにも感じる。70歳まで生きて思うように生きてそれなりに現実にしてきたんだから、もう充分なのかも知れないが何故か空しさと悲しさと淋しさだけが私の前に立ちはだかっている。
pexels-photo-126590_VW23Ttt

私は母親が戸籍も含めて名前を3度変えています。最初は和雄・二度目は努・さして三度目に雅且に戸籍も変えられました。いろいろ考えて私は元の髙木和雄に戻ってすべてを忘れる事にしました。雅且は大変だったしそれでも何とか頑張ったしそれはそれで私でした。でももう雅且は疲れるし本来の私ではなかったような気もします。否定はしませんし肯定しても自慢出来る事はなかったような気もします。あと何年生きられるかは解りませんが、私は愛を大切に残り人生を全うするつもりです。どうぞこれからも暖かく見守って頂ければ幸いです。yumemachi
Scan20003 (2)

社会的にも個人的にもすれ違う嵐の如く去って行きましたが、やはり私は夢待ち人でありたいと思う。環境は変わっても心までは変りたくはない。来る者は拒まず去る者は追わず、かざぐるまは風が吹けば回り風が無ければ動きません。愛が不変であるが如く夢待ち人はやはり夢待ち人。何も残らず今は配る名刺さえないけれど、私の中でいつまでも夢を観続けていたい。みんな元気にな~~れ!
WDF_549011

ブログを継続しようかそれとも削除しようか迷ったあげく後ろ髪ひかれながら未練残してペンを置こうと判断しました。私の環境はすべてかわり私自身が負担と感じる今日この頃。再びお会い出来るかどうか解りませんが皆様には感謝の一言を最後にここでお別れしたいと存じます。有難う御座いました。
WDF_548325

Pink Rose(ピンクのバラ)ギー・デュ・モーパッサン(フランス)
花言葉は「grace(しとやか、上品)」「gratitude(感謝)」「happiness(幸福)」
小さなベランダでウィンドスピナーに囲まれて一際目立ち優しく華やかで凛とした風景が素敵でまるで私に何かしら語り掛けてくれている様だ

DSCF3466

必要も感じないし面倒になってきたのでinstagramも削除する事に致しました。
Microsoft-Store-removes-Instagram-app-for-Windows-10-Mobile

このページのトップヘ