夢待ち爺散歩《yumemachi》 

夢は観るもの・愛は育てるもの・心は許すもの・明日は信じるもの

2013年12月

この一年はいろいろありました、本年下半期には事業の大方の部門で業績も回復したとは言え上半期はやや苦戦も強いられました。しかしながらいつも正念場に強い社員たちの頑張りのおかげもあり、いよいよ来年は本格的に勝負に出ようかと手薬煉を引いております。第一弾は梦麺88の二号店『にぼしらーめん88』の開店をはじめ外食事業部の拡販に力を注いでみたいと企んでいます。万年筆の『ペンランド』も流行始めた万年筆ブームの底上げに様々な方面へと裾野を広げてもみたいし来年午年は駆け上る一年になるように頑張りたい所存で御座います。とは言えそれも多くのお客様の御支持があればこそ可能になる夢勘定。どうか来年も方向音痴な放蕩爺を宜しくお引き回し下さいます様、お頼み致しますと共に、この一年を振り返り改めて心より感謝申し上げます。
c47d8a4a-s

美味しい夢、楽しい夢、嬉しい夢、人は夢に向かって頑張り苦労にもめげず努力する。時に心が折れ挫折しそうになっても、愛する人たちに励まされ支えられながら、再び夢に挑戦していくものだ。だから人には愛するものは無くてはならぬ大切な宝、やむえず戦わなくてはならぬ時が訪れ、唯一勝つ方法があるとすれば敵は出来るだけ少なく味方を出来るだけ多く持てば良い。事情があって吠える犬など(何処かの国?)恐れる必要もない、犬の遠吠えは寂しきがゆえであろう。怖いのは人が欲に捉われ心に夢を観られなくなった時、所詮欲に縛られる人ほど夢は観ないものである。夢と欲は共感と同情、慎重と臆病の如く似て非なるものであろう
img_320686_20621733_1

タレントの森本曜子さんから電話があり彼女がパーソナリティーを務めてみえる『らじおガモン倶楽部』に出演して欲しいとのオファーがあり、挑戦してみることに・・・彼女とは何度か食事も共にし気心も通じてはいるつもりだが、さてこんな道楽爺様がまともにお相手出来るかどうかかなり不安。されど昔からやるかやらないか迷った時はやる!精神なので、これも出たとこ勝負で頑張ろうかなと考えている。何でも朝8時10分からの人気番組らしい。
15546_photo1

梦麺88の曲が巷に流れて以来、あちこちから誰が歌ってるの?と聞かれるが、この世間を美味しく騒がせている噂の謎の美女は竹葉 美保子さんと言って実は業界では知られた有名人、その美貌もさることながら様々な声を使い分けてコマーシャルソングなど歌い現在ヴォイストレーナーのお仕事をされてみえる。更に積極的にライブ活動も大いにエンジョイされている元気な美女。小生のような爺さんがなんでこんな美女と?と言われてしまいそうだが、小生も積極的に御縁活動をしているからとでも言っておこう(笑)おかげ様で大須では通り客まで『梦麺88ど根性』を口ずさんでいるから愉快愉快(笑)
250019_366587253419280_1204860760_n

65回目の新年がもうそこまで来ている。例年のことではあるが、嬉しかった人も辛かった人も皆、来年こそは良い年であるようにと祈念し粛々と年の瀬を過ごしてみえることであろう。小生と言えば毎年我侭放題でただただ楽天的に夢ばかり追っかけている実にけしからん爺である。所詮、人は多かれ少なかれ誰かに助けられ許されて生きているのであるから、力んでも自分ひとりでは運など掴み取れるものでもない。出会った人を大切に精一杯頑張れば道もやがて開けて来るであろうから出来る限り明るく明日に夢を観ていたい。明日は明るい日と書くのであるから・・来年は65歳、青春真っ最中なり(笑)
SwingKittyV

あれも置こうこれも置いてみようと試行錯誤してるうちにヴィンテージも新品も殊の外、増えてしまった。そうなると飾るケースも増やしてみたい。そりとて場所もない、そこでまたまた一思案。人間追い詰められると知恵も出るが、追い詰められないとただの木偶の坊とはよく言ったものだ。考えてみれば年中追い詰められながら生きてこられたのもありがたい話。どうにかこうにか強かに生き残ったようなのもそのせいであろう。新たなケースに飾るモノはさて何にするか、限定モノを箱入りで飾るも良し、シリーズモノで統一しても面白い。しかし待てよ、本数が増えれば其の分在庫も増えてdead capital にもなりかねない。まぁ~『ペンランド』はお客様のための玉手箱の意味もあるから、来年もまた新たな夢を魅させてもらえればそれで宜しかろう(笑)
R0017270

大須から帰ろうと駐車場に歩いていたら、若い男性が小生の前を途中から一緒に歩いていたのだが、どうやら同じ方向に・・駐車場に着いてみれば4台借りた中の小生の車の隣に見知らぬ車が・・(最近無断駐車が多い)。ヘンだなと思っていたら前を歩いていた男がその車に乗ろうとしているではないか、ん?と思った小生は「あんたなぁ~何処に車留めてんねん!」小生の怖声に驚いた男性はオドオドした様子、「あの~あの~」と小生の風体に威圧されたか、弱い声、「どしたんや!」と言ったら、小さな声で「む・・ムーメンのアルバイトです」との返事。えっ?ア・ル・バ・イ・ト?よく考えたらどこかで見た顔、しもた、やってしもうた。彼には低調に詫びて「そうか~じゃ頑張ってな~」とバツも悪いし慌てて小生は退散した。ったく社員の顔ぐらい覚えろよな、やれやれ我ながら恥ずかしい(笑)

暮れももう間近、外はめっきり寒い。寒い日の散歩には明るいダウンジャケットにパープルのボルサリーノ、小生にはボルサリーノの中折れが似合うのだと勝手に自負している。ボルサリーノも知らないうちに増えてきたが、昨今スーツもあまり着なくなってカジュアルなパープルカラーも身につけるようになった。昔なら恥ずかしいと思ってしまう色合いも最近は気にせず愛用、これも歳を重ねた特権か?まぁ~あと半年もすればボルサリーノかぶってボスサリーノと引退させてもらうのもさほど悪くはない(笑)
2013-12-23 001 2013-12-23 004

今年は小生にとって、どんな年だったのか?はっきり言ってずいぶん苦しんだ年だったのかも知れない。永く町工場の社長業に勤しんだ生活に切りをつける決断を様々な角度から悩み、中途半端な現実をどう受け止めてどう処理するのか、正に葛藤した年でもあった。今ある環境を最大とし其の中で一番可能性のある夢を見出し最善に努力する。所詮それが人として出来る事の最善なのであろう、結果や成果にこだわっては本来の夢を見失わないとも言い切れず、初心貫徹、放縦不羈である。精あるうちは粒粒辛苦を忘れず和敬清寂を望むべし。今年も小生にとってはやはり学ぶことのみ多かったが、夢はまた来年に繋げてみたいと想う(笑)
hebi

疲れた時や滅入った時、そっと心に灯火を点してくれる小生だけのキャンドルたち。まわりで煙たがれても、邪魔者扱いされても、白い目で見られても小生は遠慮しつつ堂々と灯を点す。そして一服、それが小生の生きてる証。過ってコロンブスが、サンサルバドル島に上陸した際、先住民のアラワク族から 友好のしるしとして、珍しい食物や果物などと一緒に、香り高い乾燥した葉=「たばこ」の葉を初めて贈られて以来、煙草は友好の印として伝承されてきたのだ。煙草の花の可憐で慎ましいその美しさは愛されこそすれ決して嫌われる気配も感じては来ない。今日もまた明日の夢を観ながらキャンドルたちに灯を点し、まずは一服しようと想う(笑)( ̄ー+ ̄)y-'~~~
2013-12-19 003 2013-12-19 001

a0085114_223212692013-12-20 001 2013-12-20 002

「馬」の字を逆さに書いて「ひだりうま」と読み、 「うま」の逆は「まう」となり、昔からめでたい席で踊られる「舞い」を思い起こさせるため「ひだりうま」は福を招く縁起のよい文字とされている。馬に右から乗れば転ぶが如く「ひだりうま」は人生をつまずくことなく過ごす事が出来、福を招くめでたいもの、馬は人に引かれるより人が引かれて福が入って来ると言う由来から「ひだりうま」は縁起が良いそうである。
images


先日珍しい写真を拝見させてもらった。なんでも名古屋博物館の売店で売られていた写真だそうで、場所は30年代の広小路と伏見通りと交差点付近、縦方向の通りが広小路通りで横方向の通りが伏見通り19号線、この伏見通りを左に行けばすぐ御園座があるはず、この左角にあるニッポンビール看板下の『平和園』が小生の父の中華料理店である。実はこの頃この二階に小生は住んでいた。朝市電の走る音でよく目を覚ました覚えがある。小生にとってはとても懐かしい写真なのである。この頃は広小路の街並みは夜になるとずらりと屋台店が並び、仕事の帰りに一杯と言うサラリーマンで広小路も賑わったものだ。昨今名古屋の夜は足が早く活気が足らないとかで対策に名古屋の交通機関の終電時間を最近延ばすらしいが、いっそ博多のように夜の屋台店を復活させた方が経済的にも賑わうのかも知れない(笑)
IMG_20131218_0001

dfecf716d3656405271a347c962af66ffef1ae17_15_2_9_2

どえりゃー速ぇ~リニアが通るでよ、2027年名古屋にもリニアー新幹線が開通し東京ー名古屋が40分で着いてしまうそうだ。名古屋はまたまた駅から大きく変わって来るようだが、次は名古屋駅西が変わると言うので我が梦麺88もこのほど2月に『にぼしらーめん88』として出店が予定されている。それにしても変化が早すぎて小生にはついていけない。まぁ~2027年には小生はもう居ないだろうから心配することもなかろうが・・写真は昭和30年ごろの名古屋駅前周辺、現高島屋あたりから桜通りを観た風景(笑)
sengo_archives_05157sengo_photo_now

ペンランドカフェも来年正月で丸二年になります。皆さんのおかげで『ペンランド』も少しづつではありますが萬年筆店としての景色が板についてきた様に想えます。さりとて来年もそんな気分に甘えず更なる進化が出来る様に萬年筆小(ショー)ケースを少し足してみます。そうは言っても小さなお店ですので、場所を確保するのも大変なのです。さぁ~来年はどんなお店になっていくのか楽しみなようで不安もありもっと多くの方々に来て頂ける様願うばかりであります。3年目の『ペンランドカフェ』はこれからが始まりです(笑)
A10000_bg_craftsman_01

ロサンゼルスペンショーツアー(2月13日~18日)の予約締め切りも迫って参りました。是非ペンショーと観光の4日間、アメリカのペンショーを観るいい機会です、旅行中ハプニングゲスト?の同行予定もあり2日間のロス観光も充実していますので是非お時間に余裕のある方は御一緒に参りましょう。詳しくは『ペンランドカフェ』まで御連絡を・・
LAIPSlogo128

このページのトップヘ