夢待ち爺散歩《yumemachi》 

夢は観るもの・愛は育てるもの・心は許すもの・明日は信じるもの

2015年02月

週末に引越しだと言うのに、こんな時にぎっくり腰になっちまった。歳も考えず重いものを運んだ瞬間、腰に走るような痛み、ん?やばい。後は腰を曲げる事も下ろす事も激痛が・・日頃の運動不足が祟ったようだ。来週になればゆっくり休めると騙しつつ今週はなんとか逃げきろうと想う。歳相応にしないといけないな(笑)
A307_008

小生には実家も故郷もない、子供の頃から商売で転々と移り住みいつも商売の中で生活していたからである。それゆえいつかは住居と仕事を分ける事が昔からの念願のひとつだった。ずいぶんと時間を食っちまったが、ようやく離れのような近くのマンションに単身で住まいを移す事に相成った。とは言っても寝室や書斎等を歩いて5分の場所に移動しただけなのだが・・それでも生活一式を新たに設けるのには必要なものがかなり多く財布の中身も身軽になってしまったわい(笑)別段ひとり追い出された訳でもないが、社長である息子の邪魔をせず家族に迷惑をかけず老兵は静かに身を引くも宜しかろう、わたくし的に言い換えれば夢待ち司令部を新たに設けたようなものだ。ちなみに小生が理事長を務めるもう一つの団体事務所も4月から同じ6階建てマンションの小生の隣に移転する事にした。さぁ~これで次のステップのネクストステージとしよう(笑)
dream

久しぶりに大空を飛んでみたくなった、旅客機は出張で毎月のように乗っているが、小生の求めたいのは操縦散歩すること。もう30年ほど操縦はしてないが、航空機免許に更新があるわけでもなく一度体で覚えたものは早々忘れることもない。当時はチェロキーパイパーと言う低翼の単発で小牧空港を使ってたっけ、「オールスイッチオフ」「燃料コックオン」「ミクスチャーフルリッチ」「キャブヒートコールド」「プライマーロック」「コンタクト!」大空の雲の上を飛んでいるとそこは一面の別世界、まるでドアを開けて雲の上を散歩してみたくなるから愉快。地上のチマチマした事が馬鹿らしく思えてきたものだ。もうあの頃のような若くは戻れないが、あのわくわくした気分をまた感じてみたい・・でもあの頃を今にして思えば若かった(バカだった)よなぁ~変わらないのは昔も今も遠くに広がる夢ばかり(笑)
Scan10001

あちらこちらから夢待ちブログを続けて欲しいと甘く囁かれ、内心嬉しい気持ちである。正直この半年は様々な事で眼の回る日々が続き、ほとほと歳を感じた。生きるとはかくもエネルギーの要るものなのかと改めて感じ入り面倒な事は元来好きでなく、格好つける訳ではないが、のんびり葉っぱに乗り河の流れに身をゆだねて、少し山に篭ってみようかと思った次第。現に只今、とあるマンションの一室にひとり暮らしする旨、引越しの最中である。昔から制約されたり枠に入れられたりされるのは極端に御免蒙りたい性分ゆえ自由気侭に我侭を貫き通す呆れた爺様なのである。無論ラーメン店も好調だし大須の萬年筆屋も元気は良いのだが、それがどうした?と新たな夢食いを探しながら、しばらくは踊り場で無心に帰ってみたいと想う。気が向いたらこんなブログではあるがまたつれづれ夢でも綴ってみようかと考えている。
a-lodier-s-dream-hd-wallpaper-332996

近く小生の社長室だった部屋を去ります、小生が社長を退任したのは半年前ですが以後も組合理事長室と名を変えてこの部屋を好みました。それは社長室に未練があった訳でも過去に執着した訳でもなく、少しでも去り行く私でも何かの役に立てばと考えたゆえです。それもぼちぼち区切りをつけることとしました。思えばこの社屋を建てた時、ここは平凡な応接間でした。現在では会議室も別棟にありますが最初の頃、会議らしき集まりはこの応接間から始めたのが思い出されます。それからここはミーティングルームになり一時は社員の更衣室になった事もありました。様々な事があり何度も改装を重ねやがてこの部屋は小生の執務室として変貌していきました。ここで考えここで学び大勢の社員の相談を受ける場所でもありました。20数年間、ある意味この部屋は小生と我が社にとって喜びも苦しみも年輪の如く染み付いた部屋のように思われます。近く社屋に隣接するマンションに我が身を移し穏やかで静かな自分を取り戻したい考えており、同時に私はこの部屋を静かに退出しようと想います。最後に、この部屋を現社長の恥ずかしくない社長室に私自身が変貌させる事でこの部屋に感謝を込めて出たいと存じます。永い間私にとっての学ぶ場所でありいつもリーダーとしての姿勢を正してくれた小生の机や大人ぶる小生をいつもやんちゃな少年の気持ちにさせてくれるカリモク・モーションチェアーには多くの夢を見せてもらい大変お世話になりました、これからは風景を変えてまた気楽に夢待ちingしようかと考えております・・感謝
Black and White Chess-long goodbye

このページのトップヘ