夢待ち爺散歩《yumemachi》 

夢は観るもの・愛は育てるもの・心は許すもの・明日は信じるもの

2015年07月

蝉やカブト虫やトカゲを追いかける子供たちはいつもこの一瞬を元気にさせてくれる栄養源。無邪気な可愛らしさや爛漫な美しさが暑い夏を爽やかに輝かせてくれる。
DSC00521DSC00519
DSC00522DSC00524

ここ最近、腰の痛みがひどくおかげで何をしようとしても気力が持続しづらい。性分は強気でやんちゃな老人ゆえ弱音は本意ではないのだが、如何せん歳には勝てないのかも知れない。病院から薬袋をぶら下げて、医者に相談したら大丈夫だそうだよと胸を張って言えれば良いのだが・・晩年とはセピア色の青春なり
20100104213830a73

安保法案や集団的自衛権、終わらぬ宗教戦争、人を危めるなと教える宗教が人を惨殺し戦争を放棄した国が戦争を意識しなければならない政治。過去の凄惨な歴史はいいように利用され何の罪のない幼子や老人や女性まで蹂躙され犠牲になる現代、これからの国や人の在り方に道を示すのは政治家でもなければ宗教家でもない、ましてや楽観的な平和主義の旗印だけ挙げても人間の愚かさを制止する事も儘ならないであろうし解決はしない。幼稚で無責任なテレビや新聞報道にも戸惑うばかりだが、果たして怖い怖いばかりで真の平和が訪れるのであろうか?小生は問いたい。今、真剣に国を考え人を想うならば政治や宗教を超えた感性的哲学でしか人類の未来はないのではなかろうか?さぁ山籠もりの哲学者よぼちぼち舞台に上がって道を示し半世紀ごとの愚かな人類の危うい繰り返しに真の終止符を・・ 思風塾卒より
img6ed3a321zik3zj

志を抱く者は、とかく世間からいろいろ言われても不思議はない。多弁に能なし、短気は損気、いつの世も口は災いの元、大隠は市に隠るであろう。大切なのは礼を忘れず尊厳を損なわず夢を温めるしたたかなる志。人は様々であり中には器の小さき人あらば大人げなき人もこれ又あり。いずれ神輿の上にて幼きに気づきたるやも知れんおや?我関せず、「非礼勿視、非礼勿聴、非礼勿言、 非礼勿動」
a0115549_233859801

一本の古き萬年筆モンブラン134である。いかにも懐かしさの中に優雅な優しさを醸し出す雰囲気がある。でもペンランドに来た時は酷く傷んでおり、ピストンは滅び吸入も儘ならず軸も脆くしばらくして軸の一部は残念にもバラバラと砕けとても萬年筆とは呼べなくなった。それではとペンランドは再生に向け奮闘してみる事にした。様々な工夫や技術を駆使し見事モンブラン134は蘇り往年の書き味と共にその優雅な歴史は更に将来に続く事が可能になった。無論、軸がこのようにブレイクしたモノはたとえ復活しても店頭での販売は不可ゆえ小生が自分で使う事になりなんともうれしかゆしな縁である。お店にはここまで酷くはないが日に何本も修理依頼が来る。その一本一本は大切な想い出であり人の歴史でもあるから丁寧に且つ極めて慎重に治させてもらう。そして修理完了後依頼主に『どうぞ大切にお使い下さい』と一声お願いしつつ萬年筆の新たな歴史の始まりを感じながらお渡しする。軽い気持ちで始め当初は古き業界の複雑さに戸惑いも感じたこの仕事だが、実はやってみて初めてその意義の深さを感じ入り小生の求めていた人としての忘れてはならない商いの原点があるように想う。萬年筆を愛しつつ、これからも人を大切に感じていたい・・
DSCF3093

先月23名の若者が3年ぶりに中国へ帰国し先日また新たに中国の若者たちが25名入国、この日中人材交流の事業を始めて早いもので10年経った。数えきれないほどの多くの若者が日本に来ては帰っていった。忘れられない素敵で良い子もいたがその中にはとんでもなく困った子も居た事が今でも思い出される。その間、中国の風景も変わり、過ってはお金や技術目的の出稼ぎから今では目的が日本の文化に接して仕事を通して日本での体験を自分の人生に生かしたいと言う若者の声も多くなった。そんな様々な夢を観ようと日本に来る子たちの成長を静かに応援し将来の中国を見守りたいと想う。
DSC00515_Ira

当然な事ではあるが意図が明確ならば方法は無限大にある。とかく誰もが方法や手段に捉われ大切なモノはなおざりになりやすいが実情。目的は何で何がしたいのかで人の大きさも価値観も変わってしまう、領地や権勢に囚われ戦争で人を危めてしまったり利益の為ならば人の犠牲も止む得ないは極めて幼稚な論理。金銭は大切ではあるが所詮金銭はただの道具であり目的には値しない。商いにおいても原点は人が喜ぶ事であり常に対等で平等に喜びを分かち合え相互に利用しあえる大人の関係に意味も意義もある。他人様の嬉しい体験を通して将来自分が嬉しい結果につながるのである。己が良いと思えないものを人に勧めても嬉しくも感動もあるはずもないのだ。らーめんにしろ萬年筆にしろ人が集まるにはそれなりにその価値や心があれば自然に人が人を呼ぶ理由にもなる。己のみの言い訳や屁理屈に拘って思いやりの大義を忘れたくはないものである。意図と方法10対0、方法は∞である。
01121_300

最近やたらボケての失敗が目立つ、歳をとるとはこういう事なのかも知れないが出来れば人様に迷惑だけはかけたくはないものである。集中すればするほど気を配り切れず周りに眼が届かない。65歳以上で高速道路を逆走したりアクセルとブレーキを踏み間違えて事故るニュースも少なくないようだから十分気を付けようと想う。特に引退した後の日々は緊張感もさほどなく結果周囲を驚かせる言動や行動に自ずと驚きてハッと気が付く事も少なくない。激しかった四十数年のつけが回ってきたのかも知れない。さて耳は遠くなり腰も弱り記憶も定かでない今、どこまで貢献出来るものやら、解らぬが後悔のない様には願いたいものである。貴方は誰?何をする人?これこれだけは離れたくはない。
snapcrab_noname_2014-6-22_9-18-12_no-00

名古屋栄 中日文化センター料理教室(3か月研修)
第3木曜日は 『梦麺88』ラーメンコンサルター粂野卓治
美味しいラーメンを創って提供したいと想ってる人
美味しくて体に優しく素材を活かした本物のらーめんの味を手に入れたい人
是非7月期予約は 料理教室新講座へ
詳しくは中日文化センターまで・・0120-53-8164

ラーメン1

このページのトップヘ