夢待ち爺散歩《yumemachi》 

夢は観るもの・愛は育てるもの・心は許すもの・明日は信じるもの

2016年01月

大須の爺さんは眠らない、またまた街興しと称して夢待ち興し。3月に入ったら寄ってらっしゃい!観てらっしゃい!行かなきゃ損損、尾張名古屋はあっちもこっちも楽しい事、嬉しい事、満載だぎゃぁ。何かって?ひな祭りの由来はその昔、古来中国で3月3日に厄落としで己を窘める書を筆にてしたため、らーめんを食べながら願い事を唱える風習があったとか?無かったとか?近日発表致します。
5424-450x337

歳のせいと言ってしまえばそれまでだが、唯一ひとり楽しんでいるPCミュージック、なにやら低音がこもる気がしてたぶん耳が悪くなったからと思っていたが、いやいやスピーカーかもと信じ込みスピーカーを買い替えた。やはりスピーカーだった。何やらホッとしつつ老いの気配を今回も追い払った。買い替えたのはオンキョーの2ウェイパワードPCスピーカーGX-D90、これに以前のサブウーハーを繋いでみた。この手は小型でも確実に進化しているようだ。昔は大がかりにオーディオスピーカーを部屋に埋め込みインテリアの一部にしていたが今は小さな部屋で近所に迷惑のないようにひっそり楽しんでいるのだから少しは大人になったかも知れない。ボケるまでは今しばし人生の味わいを静かに堪能したいものである。
DSC00875

今回の中国散歩は日本のNHKにあたる中国中央電視台(中国中央テレビCCTV)が北京から取材ロケに来て我々を出迎える事から始まった。なんでも中国商務省からのキモ入りのドキュメントだそうで、中国全土で放送されるらしい。早い話、今後は中国で力を抜いた行動もままならず何やらネクタイで首を締められる思いである。正直気儘な散歩爺にはあまり嬉しくはない。それでもいつもの通りお仕事も終わり、さぁ~帰るかと思いきやまたまた中国東方航空はいきなりキャンセル便になり青島では過去にないほどの寒さ(マイナス14°)の中、更に一泊拘束されるはめになった。いやはやこうなると段取り悪さでは定評のある中国、何時間も冷凍庫のような寒空の中、凍えるような一夜を体験させてもらった。それに比べ規則通り動くお堅い日本はやはり良い国だと改めて実感。
DSC00849_PlinceDSC00859_Plince

先日も『ペンランドカフェ』にスターキャット(ケーブルテレビ)の取材があり、取材慣れしても相変わらずカメラの前では表情の固いタンク店長が対応。内容は詳しくは聞いてはいないが、若手の人気アイドルが来店しナンヤカンヤと賑やかに盛り上がったそうである。テレビメディアはNHKを含めほぼ全局放送されたのだが、お客様の反響が多かったのはぐっさん家と夕方の各局ニュース系で流れた時らしい。これからもお世話になりたいのでどんどんオファーをお待ち致します。店も店長も面白いですよ~~!(笑)
IMG_20160115_0001

娘がチケットをくれたので中日劇場の細川たかし&中村美律子ショーを観て来た。あまりこういう演歌ショーは観ないのだが、娘の好意もあり婆さんと二人で出かけてみた。中日劇場は久しぶりだが、会場はまさに老人会の如く年配ばかり(小生を含め)。さて内容はと言えば見事の一言に尽きる、素晴らしい内容であった。さすがベテランの二人だけの事はあり素晴らしい劇と歌で楽しませてもらった。小生は劇よりも歌にひどく感動し改めて日本の演歌や民謡は素晴らしいと思った。日本はやはり素敵な国である、娘よサンキューでした。
IMG_20160109_0001

22日からいつもの中国散歩だが、空港着から中国側テレビ取材のためスーツでとの要請。もうスーツは勘弁して欲しいところだが、なんでも日中友好人材交流の名目で中国商務省からの御指名があったとか、以前ベトナムでは愛知県議の公用随行で二回ほどベトナムテレビで放送された事もあったが、今回はどうやらピントが小生側に合わされている様なので、これまたどうしたものか?まぁ~中国語はわかりましぇ~ん、とばかりに同行する通訳に適当にお任せするしかないようである。しかし中国のテレビで放送されても日本では誰もわからないのは不幸中の幸いであろう。結構ディープな内容の様だが隠居の身ゆえ出来るだけく堅苦しいスーツでの収録は手短に解放されたし。なんと言っても気儘な爺散歩ゆえ・・
2012-11-01 001 2012-10-31 001_Purts

日々萬年筆修理の依頼も増え続け遠くから送られたり足を運んでくださるユーザーも日々少なくありません。ペン先調整はもとより吸入不良(ゴムサックやコルク交換、様々な吸入装置の復帰・構造整備不良・オーバーホール)も受け付けます。面倒な修理など商いだけではとても続ける事は出来ません。萬年筆を愛し万年筆をより多くの人に安心して使って頂きたいという想いがペンランドカフェの願いでもあります。ペンランドカフェにて購入された万年筆は永久に書きやすさの調整は無料で対応させてもらっています。萬年筆とはユーザーに育ててもらう事も大切ですが萬年筆オーナーの立場で萬年筆主治医的なケアーこそが忘れられた萬年筆普及の大切さだと考えます。
2012-12-21 001 2012-12-21 010 - コピー

このページのトップヘ