世の中には気に入る事もあれば気に入らない事も多い。気に入らないからと言って嫌いになり拒絶するのは容易だが、それでは好きを押し付けるだけの傲慢に他ならない。気に入らなくとも許せるからこそお互い理解し合えるものである。今回の中国出張で青島便は時間変更があり、早朝が午後便になり帰り便も夕方便が昼便に変更になり多少ゆっくり出来ると思いきや飛行機は遅れる飛ばない相変わらず不親切さは変わらなかった。中国がいい加減と言うよりむしろ日本が時間に厳粛で人に親切と考えるべきなのであろう。今の中国は矛盾も多く自己中のような印象さえ感じてしまうがこれも歴史の過渡期なのだろうと深くは考えない様にしている。人も同じで一時腹が立つこともあるが、いずれは理解し合えると信じたい。良いところも悪しきところも含めて受け入れる寛容こそが愛なのであろう・・
140731generous-thumb-640x365-78134