夢待ち爺散歩《yumemachi》 

夢は観るもの・愛は育てるもの・心は許すもの・明日は信じるもの

カテゴリ : ニュース

前代未聞の大地震で亡くなった方やに九州の方々の御苦難に心から哀悼の意を表するとともに、被害者の方々に対して心からお見舞い申し上げます。同時に九州でお世話になった方々の御無事をお祈り致します。どうぞお力を落とされぬ様、生き抜いて下さい。

公式練習で中国の選手と激しく衝突、流血するアクシデントに見舞われながらも4分半を演じきって結果は2位に終わったが、会場からは割れんばかりの拍手が送られた。怪我をし意識も朦朧とする中で彼は決断し実行した。怪我をしてるのに出すなとか彼の決断に常識的な批判中傷も当然あるであろうが、選手である前にスターである前に彼をひとりの人間としての勇気を称えるべきと小生は想う。転倒しても転倒しても最後まで滑りきった姿を責める事など誰が出来るのでしょうか?安全安心が当たり前になってしまった今の日本で、単純に彼の勇気を称えられない人が居るでしょうか?無理・不可能・駄目と言われ続けこんな愚輩すら70年近く生きてこられたし、今も世界中には生きるか死ぬかの狭間で必至で頑張っている人達が大勢いる事も現実なのである。彼に言ってやりたい「お若いの、よく頑張ったね、でも二度と同じ真似はするなよ」と・・・(笑)
20141108-214632

うちの婆さんに、大切な昔撮影したVHSビデオテープを全部捨てられてしまった。亡き母の生前の姿や息子が幼くハシャグ姿、若き娘たち、社屋が新築された時、どれも小生にとってはかけがえの無い思い出。それを間違えて捨てられてしまった。なんとも言葉も出ず、しばらくは唖然とした空気がいつまでも漂って淋しい気分から抜け出せなず、なんで?と独り言を繰り返してしまう。まぁ~わざとではないだろうし、映すビデオデッキも今はもう何処にも売っても居ない。どうせ思い出なんて居場所は心だけだしと自分自身を慰める。う~ん、しかしなんで~なんでやねん???さらばほろ苦い想い出、我が青春よおさらばだ(笑)
sL1040835

新しいスマホが来た、シャープのAQUOS CRYSTAL 従来の携帯電話の液晶ディスプレイにはフレームがあっだが、アクオス・クリスタルではフレームがほぼ無く、まるで「ガラスが置いてある」「画面だけがある」かのような感覚これをシャープでは「フレームレス構造」だそうだ。確かに機能も含め便利そうだが、小生が使う内容には限界があり、それなりの機能があれば充分である。ただこの手のものが新しくなると困った事が起きる。設定だ、電話帳などは移行出来るが、アドレス設定や各種パスワード設定には目の悪くなった年寄りには実に骨が折れる。今、やっと終わった。世の中昔のダイヤル黒電話があれば事は足りるとは想うのだが、進歩すればするほどに不便な世の中になるものだ(笑)
2014-08-29 001 2014-08-29 004

何度シャツやズボンに煙草の火で穴をあけ叱られた事だろうか?たぶん数え切れないぐらい・・椅子に座ってほぼリクライニング状態で咥え煙草でパソコンに向っている時が危ない。解ってはいるのだが、同じ事を繰り返してしまう。小生はやはり阿呆かも??見つかるとまずいのでこのシャツは箪笥の奥に倉入れすることにしよう・・トホホ
2014-07-10 001 2014-07-10 002

大型台風がまた今年もやってきているようだが、1959年に起きた伊勢湾台風の時は酷かった。5,098人(死者4,697人・行方不明者401人)・負傷者38,921人高潮で最も多くの人命が失われたのは名古屋市南西部の南区や港区であるが、これには名古屋港の貯木場から流出した 20万 t に及ぶラワン材などによるところが大きい。直径 1 m 、長さ 10 m 、重量 7 - 8 t にもなる木材の大群が高潮に乗って住宅地を壊滅させたものである。高波と風の勢いでこの巨大な木材が転がり南区ではおよそ1,500人の犠牲者の大部分がこうした流木によると考えられる。さらには流木によって流された家屋が他の家屋に衝突し被害が増大した。当時は小生は10歳だったが、当時住居だった中区で必至に窓が飛ばされないように皆で抑えていた記憶がある。台風が去った後の町並みには累々と横たわる犠牲者が悲惨だった。あれから半世紀過ぎたが災害は忘れた頃にやって来ると言うが大難は小難に小難は無難に過ぎて欲しいものである。
P07-04_1Typhoon_Vera_1959_CBC_Location
img9a393f9bzikdzj090803_m_2_3

また業界のメジャー的新聞(日本食糧新聞)に載っちまった、それにしても四分の一紙面はでか過ぎやろ。これじゃでかい顔候で、あちこちから反発出そうな予感。生来のでかい顔で申し訳ありません、最近は記事に慣れてはきたが、取材には謙虚さを忘れないようにしたい。まぁ出ちゃったものは仕方ないから堂々と頑張るしかないだろうね(笑)爺さんにはこれからが錆付き遅れてやって来た青春の残り火なのかも知れないし・・(笑)
IMG_20140609_0001

3月11日東日本大震災が日本を襲い三陸沖で起きたマグニチュード9からの地震は大きな津波と共に2万人からの死者を出し数え切れない人たちが被災者となった。あれから3年、残された人たちは悲しみを堪え、再び逞しくも凛々しく生きようと頑張っている。便利だった原発は恐怖の悪魔と化し当たり前だった文化生活はこれで良いのかと、改めて問いかけて来る。世界で一番災害に気を配り世界で一番安全と言われた日本が、その答えを出さねばいけないのかも知れない。またいつ来るかわからない自然災害は私たちを身近で冷ややかに見つけているような気がしてならない。亡くなられた多くの方々の冥福を祈り、我々は合掌の中で未来を考えたいと願う。youtubeさん少しの間だけアップさせてね
oneyearafter

世の進歩は留まるところを知らないようだ、タブレットかスマートフォン・アイフォンさえあれば、この器具でクレジット決済が簡単に場所を選ばず出来てしまう。出張販売や小規模店舗での需要はかなり見込めるのではないだろうか?早く言えば世界中での展示会や内覧会、屋台や車の中でもカード決済が可能なのがすごい。わしゃ着いていけねぇ~(笑)
PayPal-Here4PayPal-Here

いよいよ梦麺88二号店『にぼしらーめん88』が名古屋駅西に来る2月4日に開店する事に決まった!新幹線乗り口側駅西ビッグカメラを二本入った場所に在る小さな小さな一風変わったらーめん屋、でもここのらーめんは一度食べて頂ければ地域一番店になれる事が必ずや解ってもらえるのではないだろうか、大いに期待したい。先日も厨房機器業者から聞いた話ではあるが、大須の『梦麺88』の情報をらーめん同業者から盛んに聞かれるそうだ。筆記具や鞄の販売も抱えた外食事業部3年目の春は是非駅西から春風を興して日本国を揺さぶってみたいモノである。
IMG_20140117_0001 (2)

どえりゃー速ぇ~リニアが通るでよ、2027年名古屋にもリニアー新幹線が開通し東京ー名古屋が40分で着いてしまうそうだ。名古屋はまたまた駅から大きく変わって来るようだが、次は名古屋駅西が変わると言うので我が梦麺88もこのほど2月に『にぼしらーめん88』として出店が予定されている。それにしても変化が早すぎて小生にはついていけない。まぁ~2027年には小生はもう居ないだろうから心配することもなかろうが・・写真は昭和30年ごろの名古屋駅前周辺、現高島屋あたりから桜通りを観た風景(笑)
sengo_archives_05157sengo_photo_now

最終打ち合わせも終了し、いよいよ88二号店『にぼしらーめん88』が名駅西に一月中旬には開店出来る運びとなった。メニューを屋号にしているのは、それなりに自信があるからだと笑ってもらおうと想う。二つ星かよと言われそうだが屋号から88の☆☆らーめん。無論定番のつけ麺は二号店でも大いに活躍を期待したい。一見、小さくて店の造りもこれまた一風変わったらーめん屋と言われてしまいそうだが中身は正当王道派。ちなみにメニューに萬年筆はありません(笑)
IMG_0399n

18日『UP!』の放送が報道の事情とかで延期になった。いつもの事だからしょうがねえっかだが、協力して頂いたお客様には申し訳もない。放送はされるとは言うがさていつの事やら?かなりこの収録も何度も来店しての事なので残念なのだが・・なんでも同じ放送で大曽根の三光堂さんも収録されたはずなので、共に拍子抜けであろうが、萬年筆が話題になれば小生はそれでも満足である。次の仕掛けは梦麺88の二号店『☆☆らーめん88』、予定より開店が延びてはいるが、話題造りには事欠かないつもりだ。この『☆☆らーめん』には少々自信があるので期待して頂きたい(笑)乞うご期待!

覚王山にある、(株)松坂屋の初代社長15代伊藤次郎左衛門氏の別荘だった『揚輝荘』保存された庭園と建物(当時約一万坪)が、平成18年度末に名古屋市に寄贈され平成20年5月に、5棟の建造物(聴松閣、揚輝荘座敷、伴華楼、三賞亭、白雲橋)が市指定有形文化財に指定されている。ところがこの『揚輝荘』、戦前はアジア各国から将来アジアのリーダーになる留学生を受け入れ国際的な学びの寮としての歴史があった事を知ってる人は必ずしも多くは居ない。その模様は上坂冬子著の『揚輝荘、アジアに開いた窓―選ばれた留学生の館』の中でも紹介されている。この揚輝荘は改装も終わり8月29日式典後一般公開されるのであるが、奇しくもその前日の28日、『揚輝荘』の館長が偶然小生のことを知り、招待され訪問させてもらった。と言うのは本の中にも出て来るが、この『揚輝荘』で留学生たちに料理を提供して後に飲食店チェーンを展開したのが小生の父だったからである。偶然その血縁の小生のことを最近知られ館長が御高齢であられる当時の父を知る方々に連絡されお会い出来る運びと相成った。戦前・戦中・戦後と当時のエピソードもお聞きすることが出来て小生にとって知られざる父の青春に出会え改めて人の縁の繋がりに感動し今ある大切さに感謝し歴史の意味深さに感銘を受けた。歳老いて初めて触れる父に吾を感じたり・・
2013-08-28 001 2013-08-28 0052013-08-28 001 2013-08-28 002
2013-08-28 001 2013-08-28 0102013-08-28 001 2013-08-28 015
2013-08-28 001 2013-08-28 0162013-08-28 001 2013-08-28 012
2013-06-18 001 2013-06-18 002

明日4月2日は小生の誕生日、前日に元気に大盤振る舞いでいこうと大須「PEN LAND CAFE」において本日PM3時までに御来店のお方様には萬年筆・鞄・フード・ドリンクを全商品9割引き!もってけ泥棒~~!さあ~どうする(笑)もう行くしかないでしょ!!ちなみに本日は4月1日でありま~~す(笑)
aprilfool

このページのトップヘ